発泡スチロール円柱の作り方。大きなサイズから小さなサイズまで

弊社では、大小さまざまなサイズの円柱をカットしています。

 

電熱線をセットした機械で土台を回しながら、円柱にくり抜いていく方法が、

専門会社では一般的ですが、道具さえ揃えてしまえば、ご自身でもキレイに円柱をカットすることができます。

 

円柱をカンタンにカットする方法

発泡スチロールをカットするには、カッターやナイフ、ヒートカッターがありますが、

曲線を切るには、「」でのカットがオススメです。

 

円柱をくり抜くには熱が出るヒートカッターがオススメ

 

通販やホームセンターで販売されているヒートカッターを使用しましょう。

数千円で購入できます。

発泡スチロールを熱線カット

 

また、

高さがある円柱をくり抜く際は、幅が広いヒートカッターが良いです。

 

発泡スチロールで円をキレイにくり抜くには型を使う

次に、円をキレイにくり抜く際は、型を当てがいながらくり抜く必要があります。

 

型は1mm程度のアルミやステンレスの板や、1.5〜2mm程度の厚紙で作ることができます。

ジグ

 

型を両側にあてがい、型に沿ってカッターを動かしてくり抜いていきます。

 

ヒートカッターによりますが、

温度が高いと、燃えることはないですが、厚紙が少しだけ焦げ付きますので、温度調整が必要です。

 

 

発泡スチロールの円柱の中をくり抜くには

建築用円柱ボイド

発泡スチロールの円柱内部をくり抜くには、

 

  • 木工用のドリルで削り取る
  • 円柱を半割にし、半円ずつ熱線でくり抜く

 

方法がカンタンです。

 

ドリルの刃は10cm〜30cmが一般的ですので、それより長い円柱をくり抜くには、

半割にし、半円ずつ熱線でくり抜くのが良いです。

 

半円ずつくり抜く際も、型を使用し、型に沿ってくり抜いていきます。

 

最後は接着して完成です。

 

 

下記では発泡スチロールの接着剤についての記事です。

発泡スチロールにオススメの接着剤とは

 

色々な形の発泡スチロールの円柱施工写真はこちらに掲載しています。

発泡スチロール円柱施工例