発泡スチロールをキレイに面取りするには

弊社では、ダミーケーキの面取りや、モックアップ造形の際に発泡スチロールの面取りを行います。

 

あまり馴染みのない方が多いかもしれませんが、

木材のテーブルなどで、怪我をしないように角が丸まっていることを「面取り」と言います。

 

発泡スチロールを加工する際には必須な処理なので、

キレイに面取りする方法をまとめていきたいと思います。

 

面取りの種類

鋭利な角面を「角面取り」や「丸面取り」する方法があります。

 

機械系のモックアップは角面取りで、

ケーキダミーは丸面取りを行うことが多いです。

 

 

発泡スチロールの面取り方法

発泡スチロール面取り

面取りをするには、紙やすりを使用します。

 

荒い番手(#100前後)の紙やすりで磨いていき、

仕上げは#200前後の番手で磨いていくと、目が目立たずキレイに仕上がります。

 

丸くなるように面取りをするには、コツがいりますが、

紙やすりを手に持ち、指を丸めて磨いていくと、均一に面取りをすることが可能です。

 

発泡スチロール用紙やすり

写真のように、木の板や発泡スチロールの板に、紙やすりを接着して使用すると、

力が均一に入り、削りやすいのでオススメです。